お金を借りるならどこがいいで悩んでいる人々にお勧めしたい!

お金を借りるならどこがいいで悩んでいる人々にお勧めしたい!お金を借りるならどこがいい限定サイト

お金を借りるならどこがいいガイド

キャッシングとカードローンの意味の違い

英語のキャッシュがキャッシングの元になっていますが、日本では、キャッシングとは個人融資の金融サービスです。

 

カードローンとは、専用のキャッシングカードを使って、融資を受けるサービスです。

 

カードローンでは、ATMや、CDなど、銀行やコンビニに置かれている自動支払機を使って、現金をやり取りできます。

 

やっていることはお金を借りる行為ですが、ATMを使うために、自分のお金を出しているような気にもなります。

 

最近は、キャッシング会社も、キャッシング用のカードを発行しますので、

 

カードローンはキャッシング全般を指すようになっています。

 

以前はキャッシングサービスを提供していた消費者金融会社は、

 

店舗の窓口で直接お金を貸し付けるといった方法が一般的でした。

 

しばらくしてから、専用のATMを置くようになったり、一部銀行のATMを使う時代を経て、

 

最近はコンビニ等でもATMが利用できます。

 

 

以前と違って

かつては、キャッシングというと、消費者金融会社が一般の人に、

 

少額融資を行う金融サービスのことが意味されていました。

 

同様に、カードローンとは銀行などが行っている小口融資のことで、

 

カードをATMに対して使うものという認識になっていました。

 

最初のころは、キャッシングはキャッシング、カードローンはカードローンという位置づけでしたが、

 

今ではそうではありません。

 

消費者金融業界の再編も進む中、銀行と業務提携をするノンバンクも増えてきていますし、

 

融資のあり方も異なるものになってきているようです。

 

銀行の傘下に入った消費者金融などでは、カードローンという名称を使うようになっており、

 

線引きが無くなっているケースも見かけます。

 

キャッシング

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る